こんにちは、神戸店・藤本です。

この何日かはほんとに寒く、ゲレンデもずっと雪とスノーボーダーにとっては最高の天気でしたが

街では凍結なども少しあるようです。浮かれずにくれぐれも足元にお気をつけ下さい。

 

ようやく雪に恵まれたといった感じの各ゲレンデですが、

今日は快適なスノーボードをする上で必要不可欠なものの一つ「クリアな視界」にスポットを当てて、ゴーグルブランドの代表格である「OAKLEY」のゴーグルを徹底解剖していきます。

 

 

【About OAKLEY】

1975年、ジム・ジャナードによってモトクロス・BMXのハンドグリップメーカーとして創設される。

その後ゴーグルの開発を経て、80年代にサングラスを主力商品としてアイウェア業界に参入。

機能性を備えたレンズとデザインを持つスポーツサングラスのメーカーとなり、90年代にはアパレル、フットウェア、リストウォッチ市場へ進出する。

「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか」をテーマに技術開発を続け、全世界で約600の特許を取得している。

ちなみに、社名の「OAKLEY」は創業者ジム・ジャナードの愛犬(イングリッシュ・セッター)の名前である。

 

 

OAKLEYゴーグルの中でも特に注目すべきはハイコントラストブームの先駆け“PRIZM LENS”です。

PRIZM LENSは今までの雪面の乱反射を抑える偏向レンズや、

光の量を最適にし明るく見やすい状態を保つ調光レンズのような役割ではなく、

光透過をコントロールして色彩を精密に調整し、コントラストを最大化し視認性を高めるかつてないレンズで、

何十年にも及ぶ色彩科学の研究により実現された、レンズの革新的な技術です。

これにより、さまざまな日照条件において、コントラストと視認性を劇的に向上させる革新的なレンズテクノロジーです。

写真のように、白の雪面だと凹凸の区別が付きづらいところもPRIZM LENSを通せばよりクリアにはっきり物を捉えることができます。

一昔前まではゴーグルをすれば視野も狭くなり出来れば着けたくないという方も多かったかもしれませんが、

PRIZM LENSのように裸眼より見やすくなるレンズがあればどのコンディションのスノーボードも快適なものになるでしょう。

※PRIZM LENSイメージムービーはコチラ

 

 

当店には、フレームレスで雪付きが少なくより広い視野を実現したFLGIT DECK、

 

新たに登場した素早いレンズ交換を可能にしたAIRBRAKE XL、

 

フレームと球面の絶妙なバランスが人気のCANOPY

 

玄人好みのフラットレンズ搭載のLINEMINER

 

と豊富なラインナップを取り揃えております。

 

雪が降ったこのタイミングで、新しい視界を手に入れて快適なスノーボードを楽しむのはいかがでしょうか。

是非店頭にてOAKLEYゴーグルのクオリティをチェックしてみて下さい。

皆様のご来店、心よりお待ち致しております。