こんにちは、THE SUNS神戸店です。

Channel Islands SURFBOARDSの2017 NEW MODELの”BONZER BISCUIT”と”ROCKET 9″が入荷しました。

さらに、人気モデルの”SAMPLER”も各サイズ再入荷しております。

 

◆THE BISCUIT BONZER

¥160,000+tax

The Biscuitはもともと2007年にラインナップに登場し、サーフボードのデザインに変化をもたらしたモデル。

当時、その超フラットなロッカーと平均的なサイズが5’2”という短さは革新的で、The Biscuitは急激にライダーや世界中のサーファーにとってお気に入りの一本になった。

それからすぐに、ある一握りのサーファーたちがThe Biscuitにキャンベル兄弟の5フィン・セットアップをカスタムして“ボンザーのような”サーフボードとして乗り始めた。

そうして、サーフボードのテール付近に施された深めのスパイラルVeeが、キャンベル兄弟のボンザー5のセッティングと完璧にマッチすることがわかったのだ。

それからちょうど10年を経た現在、その一握りのサーファーたちの着目は現実のものになった。

かつてThe Biscuitに乗ってサーフィンの楽しさを味わった人たちすべてにとって、ドライブ性の増したThe Biscuit Bonzerはレール・トゥ・レールのフィーリングをさらに楽しめるモデルに仕上がっている。

自分の身長より4~6インチ短めに乗るのがおすすめ。

 

◆THE ROCKET9

¥125,000+tax

「The Rocket 9はカリフォルニアのような平均的な波に最適なボードなんだ。

ビーチブレイクの波には特に威力を発揮し、スピードを出したいときにはスケートのような感覚で乗ることができるけれど、テールにステップバックすれば垂直にパンチのあるマニューバーを決めることもできる。

あと、このボードは短いのが特徴だから、細かい動きが必要になるビーチブレイクの波には向いていると思う。

でも、モロッコのオープンなウォールが張ったポイントブレイクでも乗ったけど、とても調子はよかった。

キレがあって、スノーボードをやっているような感覚だった。

それでもこのボードに最適な波は、2~6フィートのビーチブレイクだと思うよ。

The Rocket 9のアウトラインは、少しだけワイデストポイントを前に設定しながら、スナップの効いたマニューバーが可能になるようにテールを絞ってあるんだ。

あと、スワローテールなのもクイックなターンが可能な理由なんだ。

僕がこのボードに求めたのは、平均的なカリフォルニアのビーチブレイクから小ぶりなグリグリのチューブまでのコンディションを想定した上で、スピードが速いということと、自分が思い描くようにハードなターンができるということ。

これは僕がこれまで乗ってきた中で最もいろんなシチュエーションで使えるボードだと思う。

僕がThe Rocket 9を乗るときは、ノーマルなショートボードよりも2インチ短く設定している。

ワイデストポイントを前に持ってきたアウトラインだから、見た目的には胸の下付近のボリュームは感じなくても、短めのボードに乗っていることがわからないくらいパドリングが速いって感じることができるはずだよ」
– デーン・ガダスカス

 

◆THE SAMPLER

¥125,000+tax

コンディションが良くないときでも良いサーフィンができるように。

そういった思いをデーン・レイノルズと共有した上で開発されたモデルがThe Samplerだ。

波のサイズが小さかったりパワーがなかったりした場合でも、短めで幅が広めのデザインが効力を発揮。

The High 5やThe Pod Modといったフィッシュのようなボードと、ノーマルショートボードの隙間を埋めてくれるモデルに仕上がっている。

The Dumpster DiverをベースにしたこのThe Samplerは、ノーズロッカーとセンターロッカーが共にフラットなのでスピード性能に優れ、それでいてテールにかけて緩やかなカーブが施されているのでタイトなターンやエアーが可能。

深めのシングルコンケーブがボード全体に施されており、フィンとフィンの間付近になると弱めのダブルコンケーブがそこに加わり、さらにテールには若干のVeeが設定されている。

アウトラインはノーズ寄りの半分が緩やかなカーブを描き、テールに近づくにつれてそのカーブが強くなりつつ、通常のアル・メリックのデザインより少し前寄りに幅を持たせたアウトラインに変化していき、オールドスクールな幅の広いスカッシュテールへと落とし込んでいる。

The Samplerはどんなレベルのサーファーにでも対応する。通常のショートボードよりも2~4インチ短め、1/4~3/4インチ広めにオーダーするのがおすすめ。

厚みは通常のショートボードと同様か少し厚めに設定するのがいいだろう。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。