CHRISTENSON SURFBOARD のLONGBOARDの中でも人気モデル”CC slider”、”Bonneville”、”Bandito”の違いとおすすめのフィンのご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆CC slider

Size : 9’4″ Price : ¥270,200+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

クリステンソンサーフボードの代表的ノーズライダー。
一見オーソドックスに見えるアウトラインだが、そこにはクリスならではのエッセンスがたくさん詰まっている。
スピードシェイプを得意とするクリスらしく、ノーズライダーといえども、そのスピードは特筆すべきものがあり、ノーズコンケーブも一般的なノーズライダーに比べ、浅く広く彫られ、スピードを犠牲にする事なく最大限の揚力をもたらしてくれる。
面積の広いノーズエリアとテールエンドに彫られたスクープは、デッキに乗り上げてきた水流を整えてウォーキング時やノーズライド時のボードの安定性を高めてくれる。
特徴的なレールシェイプはコントロール性が良く、効率よく水をデッキへと誘導し、ボードをロックしてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆Bonneville

Size : 9’4″ Price : ¥270,200+tax

Size : 9’6″ Price : ¥272,600+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッチ・アブシャーのシグネチャーモデル。
ソフトピグの形状、少ないロッカー、幅広のテールで日本の小波にもフィットするログ。

“ミッチ・アブシャーと私は長い時間このデザインに取り組み、ついに完成したのがこのモデルだ。
狭いノーズとセンターより後ろにとったワイドポイントがターンとピヴォットターンをしやすくし、リバースロッカーとエクストラテールキックにより、最高なノーズライディングができる。
ノーズから浅いコンケーブがボードのセンター付近まで伸びていて、ソフト50/50レールがテールまで続いている。ベストセラーのログ”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CC sliderとBonnevilleのカラーデザインはブラシやティントではなく、パネルと呼ばれる仕上げになっており、日本でのストックボードはほぼない貴重なデザインになっております。

◆Bandito

Size : 9’4″ Price : ¥246,000+tax

 

 

 

 

 

 

 

 

長年の盟友ミッチ・アブシャーと作り上げた2018NEWモデル。
テールキックを少なくした代わりに、ノーズロッカーを少し増やしバランスをとったNEWロッカーを採用。
ソフトピグのアウトライン、ラウンドスカッシュテール、テールエリアのラウンドボトムがスムーズなターンを、浅目のノーズコンケーブがノーズライディングをイージーにしてくれる。
デッドスレッドがタイトな作りでリーフブレイクに向いているのに対して、全体的にマイルドな作りのバンディートはビーチブレイクに向いている。
デイリーに使うには最高の1本になりうるとクリスも太鼓判を押す、一押しのロングボード。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼クリステンソン本人が説明する”Bandito”のコンセプトムービーはこちらです▼

▶MOVIE https://www.kiyomo.jp/bandito

 

◆テール形状の違い。

上から”Bandito” ⇒ “CC slider”  ⇒ “Bonneville”

 

 

 

 

 

 

 

 

“Bandito” ⇒ ラウンドスカッシュテール

“CC slider” ⇒ スカッシュテール

“Bonneville” ⇒ スクエアテール

ロングボードのテール形状は「ターン」と「ノーズライドの安定感」に影響します。

ボード全体のアウトラインやボリューム、テールロッカーの強さでも大きく変わってきますが、テール形状だけでの違いがこちらです。

◎ターン ⇒ Bandito>CC slider>Bonneville

◎ノーズライドの安定感 ⇒ Bonneville>CC slider>Bandito

 

◆ロッカー形状の違い。

上から”Bandito” ⇒ “CC slider”  ⇒ “Bonneville”

 

 

 

 

ロッカー形状はどこに強弱があるかでテイクオフの速さや安定感、ターンやスピード、ノーズライドなどボードのコントロール全てに影響します。

“Bandito” ⇒ ノーズからテールにかけてナチュラルなロッカー形状のクリステンソンのNEWロッカー。

“CC slider” ⇒ ノーズからテールにかけて弱めのクリステンソンの代表的なノーズライダーのロッカー形状。

“Bonneville” ⇒ ノーズがフラットに近いロッカー形状、テールが「エクストラテールキック」と呼ばれるかなり強いロッカー形状。「リバースロッカー」と呼ばれる通常のサーフボードの「ノーズ」と「テール」を逆にした「クリステンソン」ならではのロッカー形状です。

◆”CC slider”  と “Bonneville”のノーズロッカーを比べると形状の違いがよくわかります。

上 ⇒  “CC slider”   下 ⇒ “Bonneville”

 

 

 

 

 

こちらもボード全体のアウトラインやボリューム、ボトムコンケーブなどで大きく変わってきますが、ロッカー形状だけでの違いがこちらです。

◎スムーズなターン ⇒ Bandito>CC slider>Bonneville

◎ピヴォットターン ⇒ Bonneville>CC slider>Bandito

◎ノーズライドの安定感 ⇒ Bonneville>CC slider>Bandito

◎テイクオフ ⇒ Bonneville>CC slider>Bandito

◎ビーチブレイク ⇒ Bandito>CC slider>Bonneville

※比較はサーフボードのアウトラインや全体の形状のバランス、波質等で大きく変わりますのでご参考としてお願い致します。

 

◆FIN SELECT

“CC slider”、”Bonneville”、”Bandito”も含めロングボードの中でも”LOG”と呼ばれるのシングルフィンボックスで重いクラシックなボードにおすすめのフィンのご紹介です。

 

◆CAPTAIN FIN  “CHRIS CHRISTENSON TRACKER”

 

 

 

 

 

 

 

クリス・クリステンソンがデザインしたフィン。
グリノー4Aにインスパイヤードされてデザインされたベストセラーモデル。少しベースを小さくする事でスムーズなカットバックとダウンザラインのハイスピードを実現。

 

◆CAPTAIN FIN  “MITCH ABSHERE HEAVY PSYCH ”

 

 

 

 

 

 

 

ミッチ・アブシャーがデザインしたフィン。

ルースなターンからノーズでのティップタイムを楽しむことができるピボットフィンです。スクエアテールのログに最適です。

 

◆CAPTAIN FIN  “SCOTTY STOPNIK”

 

 

 

 

 

 

 

スコッティー・ストップニックがデザインしフィン。

ハイラインでのティップタイムのためにより硬いフレックスにし、滑らかなターンの為に長くしてレイクしたアウトラインになっています。

 

◆CAPTAIN FIN  “ALEX KNOST CLASSIC”

 

 

 

 

 

 

 

アレックス・ノストがデザインしたフィン。

ダウンザラインのスピードをホールドし、鋭角的なターンも可能にする特徴的なテンプレートのベストセラーモデルです。クラシカルなレイヤードカラーもGOOD。

 

◆CAPTAIN FIN  “ALEX KNOST SUNSHINE”

 

 

 

 

 

アレックス・ノストがデザインしたフィン。

幅広のベースと細いティップは、安定した直進性とスムーズなカットバックを可能にしてくれます。ピンテールとスクエアテールのどちらのログにもマッチします。

 

◆CAPTAIN FIN  “BROTHERS MARSHALL”

 

 

 

 

 

 

 

マリブのローカル、マーシャルブラザーズがデザインしたフィン。

ティップ付近を幅広にしていることでホールドとスムーズなターンを両立できるスタイリッシュで完璧に機能するテンプレートです。シェイプを選ばずベストマッチで、フィンに迷っている方にはまず試して欲しい1本です。

 

◆TRUE AMES FIN  “GREENOUGH 4A”

 

 

 

 

 

マシンシェイプによる正確なフォイルはフレキシブルチップのフィンを可能にし、フィニッシュの美しさには定評がある非常にハイクオリティーなフィン。
魚の尾ひれからインスパイアされたとされるジョージ・グリノウを代表とするテンプレート「GREENOUGH 4A」は、マニューバビリティと安定性を両立させた現在も多くのサーファーから支持される時代を超えたデザイン。

 

◆TRUE AMES FIN  “TYLER WARREN PIVOT”

 

 

 

 

 

タイラー・ウォーレンがデザインしたフィン。

ノーズでのホールドを可能にするボリュームとレイクしたアウトラインとフレックスによフローでクイックなターンが可能なフィンです。ピンテールとスクエアテールのどちらのログにもマッチします。

 

◆FIN JAK

TOOL-FREEでフィンの着脱が可能な画期的で便利なアイテム “FIN JAK”がTHE SUNS神戸店にも入荷いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。